利用条件

業界の中でもトップクラスの保証期間を誇る「ブリリア認定中古マンション制度」ではありますが、それを利用するには、ある定められた4つの条件を全て満たしておく必要があります。
その定められた条件を1つでもクリアしていなければ、ブリリア認定中古マンション制度を利用することはできません。

ブリリア認定中古マンション制度を利用するにあたって設けられている条件の一つに、「住宅設備機器現場検査の完了」があげられます。
第三者機関を通して住宅設備機器現場検査を行ない、それが全て完了している物件でなければ、制度は利用することはできません。
次に、「東京建物アメニティサポートの管理体制」があげられます。
東京建物アメニティサポートの管理する物件でなければ、制度を利用することはできないのです。
また、「売却に関する専属媒介契約の凍結の必要性」があげられます。
売却に関する専属媒介契約をブリリアとの間で凍結している物件でなければ、制度を利用することはできません。
最後に、「築年数15年以内のブリリアが扱う分譲マンションであること」があげられます。
完成してから15年以内のマンションである必要があり、また、ブリリアが取り扱う分譲マンションでなければ、制度を利用することはできません。